医療情報

中国の医療制度

ここでは、初めて中国上海においでになり、中国での医療に興味をお持ちの方や
中国の病院で受診される時の、予備知識として読んでいただければと思います。
中国の医療制度

1.中国の病院のレベル別分類は?

三級甲乙市衛生局や国衛生部の直轄で、一定の医療環境基準を満たすもの。
二級市の下の区レベルの病院
一級街や居住区レベルの病院

2.医療機関の種類

  • 衛生所  各企業、工場、学校の直属
  • 衛生院  各郷、鎮、または年の各区に属する
  • 人民医院  各区、市、省の統括下にある。
  • 大学付属病院  各高等医学院(医科大学)の付属病院。
病院は全国約7万ヵ所、ベット数は約297万床、人口比率からすると、
病院数に比べ、ベット数は日本より少ないようです。

医師は約184万人、看護師は126万人ですので、医師が看護師より多いことになります。
医師の育成は修学期間7年です。同時に「中医専門」の養成機関もあります。
1998年に医師法が制定され、現在では国家試験に合格したものしか医療行為を行うことができません。

医師のレベル

  • 初級医師(入院医師)
  • 中級医師(主冶医師)
  • 副高級医師(副主任級)
  • 正高級医師(主任級)
いずれも試験によって合格したものが任命されます。教授、副教授という別の名称もあります。
しかし、医師の待遇は大部分が公務員であり基本的に都市と地方都市では、給料格差が大きいようです。


給与水準の順列は、

①北京、上海、沿海地区

②各省の省都クラス

③各省の地方都市クラス

④地方都市の周辺県

⑤辺境地区


またそれぞれの地域の中での病院のレベルによっても給与格差が発生しています。
しかし中国の病院は、その多くが中国人の方のためのものでありますので、外国人は
特殊問診部といわれる所で、治療、入院をすることが多いです。
中国人用の国家が運営する医療保険が使えませんので割高になります。
たとえば脳神経系の入院の場合は、デポジットが20,000元~30,000元が必要である。
海外旅行傷害保険
日本で加入いただいた保険は全てキャッシュレスでご利用いただけます。
また保険会社によってタクシー代の請求ができる場合もございます。
領収書は捨てないでお持ちください。

診療情報

インルエンザ
症状は急激に高熱がでること、鼻水、頭痛などがあります。典型的でない場合はインフルエンザと気づかず数日たってから来院される方もいらっしゃいます。当院では鼻から検査をする迅速診断が可能です。
治療としてタミフルの処方も行っています。
マイコプラズマ
症状は発熱、全身倦怠、頭痛など始まることが多いである。咳は乾いた‘コンコン‘もので始まりますが、
次第に強くなり解熱後も3~4週間続くといわれています。後半は‘ゴホゴホ‘と湿った咳になることが多く、
幼児では鼻水など見られることもあります。当院では検査は採血で行いますが、症状の出始めた頃では
正確に診断することは困難です。治療は抗生物質で行い、軽症で終わることも多いですが肺炎で
入院することもあります。
ページ上部へ
トップ医療情報アクセスよくある質問リンク集

〒 200336 上海市長寧区虹橋路1286号

TEL:021-6270-9211 / FAX:021-6270-7911

ご意見、ご感想をお聞かせ下さい。 E-MAIL: info@familyclinic.cn

Copyright (C) 2007-2011 Shanghai Family Clinic All Rights Reserved.